調和

調和


前回は、色の性質と食の彩りとの関連性に

ついてお伝えさせて頂きました。


今日は普段の装いを考える時の心身の

バランスや「調和」についてお話します。


その前に皆さま、最近お洒落してますか?

または、お気に入りの装いで、ワクワク

しながら外出してみた事はありますか?


新型コロナウイルスの影響で、外出どころ

ではないのが実情だと思いますが。


実は、特に女性の傾向でもあるの

ですが、お気に入りの装いで出か

ける事が出来ないと、ストレスを

抱えやすいという実験データーが

あります。また、お化粧やネイル等

にも関連します。


特に、高齢になればなるほど、

女性はお洒落をする事で癒やされる

傾向が強いようです


鏡の前でお気に入りの洋服を着用した

時に出る唾液中の分泌成分などから

分かるそうです。


自身も、高齢でストレスを抱えやすい母が

いますが、一緒に買い物に行ってもやはり

好きな明るい色を見て選んでいる時は笑顔

ですし、毎朝、薄化粧でもお化粧をしないと

シャキッとしないと良いますから。

私は、休日ぐらいはお化粧したくないぐらい

なのでビックリですが(笑)


そういえば?


最近では男性もお化粧をする時代ですね。

ある意味男性もストレスが増している

かも?しれませんね。


ところで、女性の皆さまは良くご存じだと

思いますが、ファンデーションの色は

オークル系、ピンク系など、数種類

ありますね。そして、お顔の色だけで

なく、首や手首の色など、露出する

肌の色にそって色番を選んでいると

思います。


そうした選別も色彩の

「調和」に繋がります。


お顔の色と露出する他の肌の色と

異なる色を選んでいたら、顔だけ

浮いた感じになりますから。それと

同じようにお洋服も好きな色を選んだ

時に、どこか浮いたように思える時は、

その色の特性が、


・「広すぎる」、「強すぎる」、

・「狭すぎる」、「弱すぎる」


などが影響し、似合う、似合わない

という現象がおこります。


いわゆる「色彩面積」による現象です。


そうした現象の時、衣料品や小物、

アクセサリーをコーディネートしながら、

色彩面積のバランスを調整する事が

可能です。


ただ、お化粧が出来ず、露出せざるを

得ない場所の肌の色は、健康管理が

大切になってきますので、食生活や、

生活習慣で「調和」する必要があります。


特に季節の変わり目は漢方養生の観点

として、その前の季節から、次の季節に

応じた食事や健康管理を行う事で、

ずいぶんと緩和できるそうです。


冬の時期から、春にかかりやす

「風邪(ふうじゃ)」=「風邪(かぜ)」

なりにくい食事や生活を心がける事で

体調が改善され、肌の色も変化していき

ますので。


また、本来、季節の変わり目は故郷に

帰る事が多い時期でもありますね。


春休み、夏休み、

お盆休、お正月休みなど。。


ですが、昨今は、そうした時期に故郷に

戻り、いつも待っていてくれる家族の元に

帰る事が出来ない程、忙しい、又は海外

旅行などに行かれていませんか?


実は、こうした季節の変わり目ほど、

故郷に戻られる方が良いかもしれません。


漢方養生で捉える食養生では「身土不二」

という考え方があるからです。


現代のように多様な生活習慣が混在する

中では、絶対という事は言い切れませんが、

「身土不二」という考え方は、

その土地で採られる季節に応じた作物を

食べる事は健康に良いという考え方で

あり、自然の摂理にも適合しています。


また、自然の空気を吸う事は、ストレスの

軽減につながるという事からも、体調を

崩しやすい季節の変わり目には、生まれ

育った土地で、ご両親と一緒に本来の

規則正しい季節に応じた食生活を心がけ、

自然の空気を吸ってみる方が良いかも

しれません。


都会での暮らしはどうしても、不摂生が

多く、ストレスを抱えている方々も多いと

思いますので。


但し、規則正しい生活が基本です。


ご両親の元だからと、暴飲暴食などの

不摂生は逆に体調を崩しますので、

親孝行する事もどうぞ、お忘れなく。


と言っても。。。


忙しい日々の中、帰郷する事は色々と

大変な事も多いと思います。


また、自然と老いていく家族や先輩、

知人の貴重なお話しは長くなりがちで、

帰郷よりも気心の知れた友人、知人と

一緒に海外旅行に行きたくなる方々も

多いと思いますが、現在の新型コロナ

ウイルスの現状を観ていても、

「身土不二」「地産地消」の概念は、

高齢化社会に対応しながら、

「未来の子供達に繋げる」

持続可能な社会を創るためにも必要な

考え方であるように思います。


また、時折、地元に帰郷する事、同居する

家族への孝行は、どの時代でも、大切な事の

ように感じますので。


皆さまも、高齢となっていく家族を

大切にされながら、心癒される

「日常の彩り」を「調和」

してみて下さい。



~ 日常の中の彩りと調和 ~

Re-life/Produce By M☒A☒O

Copyright ⓒ M×A×O. All Right Reserved.

注:当サイトの内容、テキスト、

 画像等の無断転載・無断使用を

 固く禁じます

Re-life/Produce By M☒A☒O

~ 日常の中の彩りと調和 ~ Fashion coordinator/designer ~ 日常の彩りと調和をあなたへ ~ 人にも環境にも優しいFashion/Life style Designを提案。人・モノ・コト創りの本質を探求。

0コメント

  • 1000 / 1000