番外編 Re-Life

皆さま


ご無沙汰しております。

予告していたとはいえ。。(;^_^A


前回のBLOG投稿から、あまりにも

日数が経ってしまい、申し訳

ございません(;^_^A


自粛中という皆さまのイライラが

ピーク時期は、発信もしずらく、

辛い時期が長かったですが(;^_^A 


私的にはこれだけ集中できる作業

時間はない!?という前向きな

とらえ方でいました(*^-^*)


また、皆さまにお伝えしていく事の

方向性を改めて頭で整理しながら、

指先ではミシン縫製作業という

なんとも、、、あわただしい

日々の中で考えていました(;^_^A


本来、私はFashionというモノづくりに

従事していいる立場ですが、ただ

単純に製品を創り、お客様に販促・

販売しながら、コミュニケーションを

取る事だけが、モノづくりの良い事

ではなく、他にも、作り手にとっても、

良い事が色々ある事をご存知でしょうか?


実は、、、

頭の中をクリアーにする

作用もあるんです。


何故なら?


ミシン作業など、手足の細かい

神経を使う作業は代謝量が高い

という事から、筋肉量が少ない=

足が浮腫む=のぼせやすい

頭がぼーっとするという症状が

少ないようです(*^-^*)


逆に、PC作業のように代謝量が

少なく、浮腫みやすい=のぼせ

やすい時は、漢方養生の観点では、

『水滞』という症状になっている

可能性が高いです。


そんな時、本来なら、軽い

ウォーキングをする方が良い

のですが、仕事中、現在の

自粛期間中(解除になり

ましたね大阪は)の時期は

難しいと思います。そんな時に

食して欲しい食べ物は、


動物性・魚介類では

・鶏肉

・鮭

・しじみ

・海藻類


野菜・果物類では

・キュウリ、セロリ、大根、白菜

・すいか、パイナップル、梨


などです。

最近の大手企業先では、バランス

ボールに乗って、PC作業をしたり、

特定の机を持たさずに、移動し

ながら作業をするようにしてますね。


中小、小規模事業者では難しい事の

ようですが、何か?工夫しながら、

作業の分担などを心掛ければ、

同場所での座り仕事=PC作業に

よって、目が乾燥して疲れやす

かったり、頭痛が酷くなったり

という症状の緩和=健康的な仕事

場所を創る事が出来るかも?しれ

ませんね。


同じ姿勢をするという意味では、

モノづくりの現場でも同じですが、

あまり機械化されていない、

モノづくりの現場では、指先の

細かな神経まで使うので、代謝量が

上がる=血流が改善していると

思われる事からも、頭の中をクリアー

にする作用ある。自身は実体験で

そう感じています。


ただ、、?本当?


って思いますよね?残念ながら、

私は衣料関係者ですので、、(;^_^A

読み方が同じ医療は、漢方養生

関連しか知らないため、自身の

体験談を少しお伝えさせて頂きます。


ある時期に、指先を骨折しました。


そして、リハビリ許可がおりた後、

縫製の作業を始めたのですが、これが。。

繊細な針や糸を使う事もあり、また、

安静にしていた指先の細かな神経を

急激に集中させため、PC作業中以上に

腫れが酷かったです。。(;^_^A  


ただ、、、


何故か?ミシン縫製中の時は腫れ

ますが、次の日は、すっきりして

いるんです!!


不思議に思い、リハビリの先生に

聴くと、作業中に腫れる方が良い

事だそうです。作業中に腫れずに、

後で腫れる方が、指先に負荷が

かかり過ぎて炎症を起こす為、

その方が良くないそうです。


代謝量が高い、ミシン縫製作業を

した次の日には腫れが緩和するのは、

滞った水分や血流を改善させよう

としている証拠だそうです。


指先の先端にある細かな神経まで

使う作業=繊細なモノを取り扱っ

たりする作業は、ある意味、座り

仕事のPC作業と同じですが、

身体的な疲れは同じでも、頭の

疲れは少ないというのが、私の

実感です。


足元に貯まりやすい、浮腫み=

のぼせになりますので、ミシン

縫製は足先まで使う作業も取り

入れている事からか?浮腫みが

緩和されやすいのかも?しれませんね。


ところで、ご存知でしたか?


手と足を同時に動かす作業って、

ピアノなどの楽器類、車の運転

などがありますが、車の運転と

ミシン縫製の代謝量は同じぐらい

高いです。また、いす座の仕事に

よるPC作業の代謝量は、同じ座り

作業の中で、こんなに低いんです。


代謝量比較

ミシン掛け 180 (W)

乗用車運転 100~195(W)

いす座PC 110(W) 


そして、ダイエットよりも

健康的かつ、代謝量が多いのは?

料理  :160~195(W)

掃除  :195~340(W)


また、平坦地(時速3.2km)

での歩行量では?

4.8km/時:255(W)

6.4Km/時 :375 (W)


注:「アパレルと健康」より出典

上記の料理の代謝量は、昔の統計

のため、電子レンジで温める!

だけや、お総菜を買ってきて、

皿への乗せ替えという簡単!

料理の統計とは異なると

思いますが。。


皆さまは、この数字をどう捉えますか?


PCの座り仕事という代謝の悪い

お仕事に就きながら、自宅に

戻ってからも家事をしている

お母様(ママ)は、平坦歩行

6.4kmと同じぐらいの代謝量

になっています。さらには?

代謝量の高い、料理もして

いる?そんな数字に、私は

見えます(;^_^A


まとめると?


・浮腫みやすい=代謝の低い

 仕事で身体が疲れやすい体に

 なっている。

 

・PC作業での浮腫を解消する

 家事をする


・代謝量が低かった後の

 重だるい体に鞭打って、

 急激に代謝量を上げている。


代謝量の急降下を起こしている

疲れやすい体になっている


という事になります。


どんな事でも、自身の体の状態に

見合った活動をしながら、ほどほどの

休息も必要という事だと、私はこの

数字から感じます。特に『水滞』

という症状は女性に多い事からも。


そんな負荷の多い、代謝量の急降下を

おこしながら、仕事、家事、育児、

介護までこなして動けるのは?ある

意味、お子様の存在が大きいように、

私は思います。


ある医療関係者の実験結果で、

70代の女性が、小さなお孫さんや

子供をみると、母性を司る

ホルモンの分泌量が上がるという

結果を伝えていました。動物でも、

自身の子でもなく、異なる種類の

動物の子供を育てたりしている

姿をみると、納得してしまいます。


もちろん、仕事の環境が変わったり、

家庭とのバランスが崩れると、

子供さんとの時間が、ストレスに

なる時期もあると思いますが、

母性を持つ女性は、お子様が

いる事で、ホルモンのバランスを

整える=健康的になる=倒れる事は

出来ない!そんな強い意志が芽生え、

頑張れるのかもしれませんね。


子を産めない男性が、子供を育む

ような気持で育てる経営=仕事と

同じかもしれません。


ただ、男性・女性それぞれに大人

として、社会人として、両親としての

責務を担ってはいますが、平均的に

見ても、疲れた体に鞭打って、子育てや

介護に追われる比率が多いのは、女性です。


そんな女性の家事や、育児、介護が

当然と思っていたり、疲れている姿を

見ても、理解なく、何も手伝ってくれ

ない男性が傍にいれば、当然、喧嘩に

なりますね(;^_^A


また、ストレス発散に、お子様には良い

お洋服を着せても、自身はメルカリや、

安価な製品を着用して、ショッピングも

我慢している人が多い事からも、普段から

「家事、育児、介護で疲れている!」と

言う事を、旦那様に承認されないと、

そうした承認欲求を、簡単に得やすい

スイーツ、時折、友人とのランチ会!

行きたくなりすね!?(;^_^A


コロナでの自粛要請中、飲食関係者

への支援の意図もあったと思いますが、

高級なランチや食材、スイーツ等の

取り寄せが多く、「食」でストレス

解消をされていた男性がいたなら、

普段の奥様のストレス発散が、

ランチ会やスイーツになるのは?

なんとなく、理解できませんか?

(;^_^A


もし?男性が、これまで、帰宅後に

奥様によく、怒られたり、奥様が

ランチ会に行きすぎて?困っている

ようでしたら、家事や料理、または、

アイロンがけや、ほつれた箇所の修復、

ボタン付けでも手伝ってみませんか?


本来、本当にダンディでオシャレな

男性ほど、良い製品を長く愛用出来る

コツだったり、管理する方法を知って

います。


革靴の、クリーニングの仕方や

手入れは、本当に?オシャレな

男性なら知っているのは当然!?

ですが!!ワイシャツのアイロン

がけが出来る男性は、あまりいません

(;^_^A


ですが、仕事着、軍服=戦場に向かう

場所から派生した今の戦場=仕事場で

着る勝負服?のジャケットにワイ

シャツは必須ですよね?


現代では、アメカジのラフstyleが

大手企業では主流なので?関係ない?

と思うかもしれませんが、ジャケットの

色々な着こなしとコーデ知っている

方が良いですよーー(*^-^*) 何故か?は

また別の機会に!


そんな男性の勝負服となっている

ジャケットで、唯一、個性を出せる

ワイシャツのデザインにも関心がある、

本物のオシャレさんなら?


アイロンがけも自ら

行いますし、上手です。


自身の父は、革靴の手入れは勿論、

靴縫製職人だったので、当然ですが、

ワイシャツのアイロンがけがとても

上手で、自分で必ずしていました。


ワイシャツのアイロンがけ!実は、

父から指導されました(;^_^A


「女性なら知っておけ!」という

考え方が嫌いなので(男女平等派!)、

「女性なら!」という固定概念の

一言で、直ぐにやる気を失くし

ましたが(;^_^A 


本当のオシャレな男性の話に戻りますが、

ジャケットの玉縁、フラップポケット

内側の千鳥まつり(ポケット口簡易閉じ)

は、ほどかずに、型崩れを防止する事が

長く愛用出来るコツである事を知っています。


そういう男性は、

モテますよね~

少数派ですが(;^_^A


奥様の家事を手伝いながら、

ちゃんと自身の拘りアイテムの

手入れもして、ワイシャツの仕様、

デザインも熟知しながら、ワード

ローブ内で、無理せずに色々と

コーデして着こなすんですから

(*^-^*)


ただ単純に、お洒落なブランドを

沢山知っているとか?毎回、異なった

ブランドの洋服をオシャレにコーデ?

出来ているとか?判断基準はそれぞれ

ありますが、アパレルの現場を知る

自身としては、それは、本当のオシャレ

さんとは言えないと思っています。


何故なら?とてもオシャレな男性

上司の方々を沢山見てきましたが、

モノや取引先に優しくても、その

モノに携わる人には優しくない現場を

沢山拝見させて頂きました。


そうした、心のケア―やオシャレが

出来ない方は、取引先の女性プランナー

さんに、嫌われていましたので(;^_^A


オシャレな着こなしに必要な、素材、

デザイン、サイズ感、仕様の良さを

熟知しながら、自分らしく着こなす事=

本物のオシャレは、実は、とても難しい

事です。あらゆる人、モノ、コトに

してのバランスが取れる方が、本当の

意味でのオシャレだからです。


といっても、誰がなんと言おうとも、

自分らしさを表現したオシャレは

もっと、ハイレベルですが(;^_^A


理由は?これだけ多くの情報が

流れる中で、自分らしさを貫く

のは、ラグジュアリーブランドの

クリエイティブディレクターでも

難しいですから(;^_^A


また、素材の事とかその背景にある

生産者の事まで知りたいと思える

方って、きっかけは何であれ、人に

関心がある、または、そうした素材や

仕様への探求心をきっかけに、人との

ご縁を大切にしながら、コミュニティの

輪を広げている方々が多いので、

そうした方は、本物のオシャレ=SDGsの

概念の大切を知っています。(*^-^*)


今後は、人、モノ、コト、未来に

ついて真剣に考えながら、本物の

心のオシャレが試されている。そんな

時代の流れを、証明するかのように、

人、モノ、コト、全てに配慮しながら、

「誰一人取り残さない」という

概念を掲げるSDGs=国際基準が、

企業間では、注目されて行くようです。


また、そうした国際基準をもっと

以前から大事に思ってきた方々は、

すでに、本物の着こなし方法を

身に付けています。何故なら?

そうしたモノをつくる現場に

足を運び、生産者と一緒に対話しながら

素材の特性や取り扱い方法を学び、

アドバイスを受けた経験があるからです。

物の製品の良さ知る人=生産者から

ファンになってもらえる=共感という

プロセスを経て、苦労して産み出した

製品を大切にしますので。


また、モノを大事にする方は、その

モノを通じて知り合った方々との

ご縁も大切します。そんな循環を

生む方は、ご家庭でも良い関係性を

築いている可能性も高いと、私は

思います(*^-^*)


良い製品に魅せられすぎて、いつの

間にか?なんちゃって、家事手伝い

になった人は、時折、家族の事を

忘れているとはますが(;^_^A


また、そんな本物のオシャレをして

外出出来る方は、自宅でお子様達の

面倒を見ながら家族を支え、旦那様の

帰りを待っていてくれる、素敵な奥様が

いると思えます。


お互いが支え合っている事で、

余力のある時間にオシャレを

しんだり、ランチに行ける

時間を創り合う=支え合って

いるように思います。

そんな大切な事を改めて教えて

くれたのが、ある意味、新型

コロナの自粛期間だったように

思います。


何故なら?


在宅ワークでオンライン会議中に

お子様が突然、入ってきて焦った!

(;^_^A そんな経験をしたお父様も

多いのでは?


奥様は、自宅内のワークや、自分

時間の中で、普通に起こる事なので

大変です(;^_^A 

以前、奥様がリアルに集まりる場所で、

回答頂いたアンケートで、一番多かった

悩みは、「お子様との闘い」です。。


また、今回の一件で、なんとか

支援策を受けれた方々は、夫婦間で

交代しながら、お子様との時間を

上手に分担し、支え合いが出来た!

また、奥様の苦労が理解できた(;^_^A

 

旦那様のお仕事が大変な事なのが

理解できた!など、色んな気づきが

あったと思います。


ただ、一方で、そうした気づきされも

出来ず、辛い決断をせざるを得なかったり、

インフラを支える業務のお仕事を探して、

仕事に行かれていた方々=支援策受けれ

なかった方々がいた事を、忘れては

いけないように思います。


私も、今後はもっと、そうした方々の

辛さを噛みしめながら、家族、知人、

友人が安心して支え合える場所を創れる

ように、前を向いて行きたいと思います。


今回のBLOGの前置き長い?

(いつも?(;^_^A)のは、自粛中、

ご夫婦間の喧嘩が多かった?とか?


マスクしていないと、厳しい目で

見られたとか?そんな報道等を見聞きし、

残念な思いから前置き=番外編を掲載

させて頂きました。辛い時ほど、共に

相手の立場を考えながら思い合い、

支え合う事が大切なのでは?そうした

思いを自身でも改めて感じましたので、

番外編にて投稿させて頂きました。


では、そろそろ次回から色彩調和

Red編のF・ステップに!行きます

(*^-^*)


この外編は、ダイエットしても、

Fashionアイテムでカバーしようと

思っても、「Life style」を見直し

ながら、日常の中の色彩調和を、

ご家族と一緒に見つけていかないと、

リバウンドがありますよ~(;^_^A 

という「Re-Life」の大切さを、

お伝えさせて頂きました。



Re-life/Produce By M☒A☒O

~ 日常の中の彩りと調和 ~ Fashion coordinator/designer ~ 日常の彩りと調和をあなたへ ~ 人にも環境にも優しいFashion/Life style Designを提案。人・モノ・コト創りの本質を探求。

0コメント

  • 1000 / 1000