日常を彩るFashionコーデ(Redの色彩調和 F・ステップ))

皆さま


こんにちは。

前回の番外編「Re-Life」のお話しが

長かったので、今回は、アップテンポで

進めていきたいと思います。(;^_^A


まず、前々回の

「色彩調和(日常を彩るRedの効果)」で

お見せした画像を思い出してみて下さい。

初めての方は、一旦、戻って一読いただく?

又は、後程、ご確認下さい。


以前のBLOGで、この画像も載せながら

Redが持つイメージをお伝えしたと

思いますが、覚えていますか?


一般的なRedの色が持つイメージは

・熱い (炎)

・強い (活動的)

・危険 (興奮)

・派手 (ケバケバしい)

・情熱的(愛、嫉妬)


Redの色から連想されるイメージは

・太陽

・血

・口紅

・リンゴ


JIS指定の安全色彩では

・放火

・禁止

・停止


でしたね?


さて、では、冒頭にお見せした画像は、

一瞬、見ただけと思います。その際、

イメージした言葉は、上記のカラー

イメージWordにありましたか?


上の画面に戻らずに、このBLOGを

見て直ぐの印象を、ご自身の頭の中で

思い出して、答えて下さい。


いかがですか?


一般的なRedの色が持つイメージは?

・熱い (炎)

・強い (活動的)

・危険 (興奮)

・派手 (ケバケバしい)

・情熱的(愛、嫉妬)


ですが?どうでしょう?


この中では無い!または、あえて

答えるなら、「情熱的(愛)」で、

「嫉妬」には?マークが付きません

でしたか?(;^_^A


また、日本人の方が昨今良く好まれる、

ナチュナルテイストのコーデ好きな、

若い男性が答えるといしたら?

「派手 (ケバケバしい)」を選んで

いる確率はあるかも?しれませんね。


では?


Redの色から連想されるイメージでは?


・太陽

・血

・口紅

・リンゴ

ですが、いかがでしょう?


「太陽」、「口紅」、

「リンゴ?」でしょうか?


では?もし?


「太陽」を思い浮かべたとしましょう!

画像の中の「太陽」は?Redでしたか?


勿論、リンゴは持っていない!ですね?

(;^_^A 持っていたのは?花束ですね!


花束を持っていた!という事だけは、

記憶して頂けると助かります(;^_^A


また、「口紅」は付けていましたか?

付けていたとしたら?「Red」の色

付けていましたか?答えは後程(*^-^*)


次に、JIS指定の安全色彩では?


・放火

・禁止

・停止


というWordを連想させるイメージは

ありましたか?多分、、、無いはずです

(;^_^A あったら、今後の展開に困るので

「無い!」とします!(笑)


という事は?なぜ?色彩心理や、

色彩の書籍類では、冒頭でお伝えした

ようなイメージが、下記のような、

代表的なWordとして、上がって

くるのでしょうか?


一般的なRedの色が持つイメージ

・熱い (炎)

・強い (活動的)

・危険 (興奮)

・派手 (ケバケバしい)

・情熱的(愛、嫉妬)


Redの色から連想されるイメージ

・太陽

・血

・口紅

・リンゴ


JIS指定の安全色彩

・放火

・禁止

・停止


このWordは何故?代表Word?って

気になりませんか?また、「Red」の

要素に、人や風景、その他の

アイテムが加わるだけで、こうした

代表Wordイメージが、即座に反映

されないのでしょうか?答えは?


色の面積比率と認知バイアスです!


まずは、認知バイアスの定義を

『ウィキペディア(Wikipedia)』先生に

お聴きしてみましょう!答えは?(一部抜粋!)


※認知バイアス(にんちバイアス、

 英: cognitive bias)とは、認知

 心理学や社会心理学での様々な

 観察者効果の一種であり、非常に

 基本的な統計学的な誤り、社会的

 帰属の誤り、記憶の誤り(虚偽記憶)

 など人間が犯しやすい問題である。

 転じて認知バイアスは、事例証拠や

 法的証拠の信頼性を大きく歪める。


※認知バイアスは、主体が内集団または

 外集団を評価する方法によっても分類

 される。すなわち、ある集団を恣意的に

 定義して、その集団が多くの点で他の

 集団より多様で「良い」と評価する

(内集団バイアス(英語版)、外集団同質性バイアス)。


だそうです。(;^_^A

といっても?


今は、オンラインですので、一瞬の

記憶を頼りに答えて(想像)している

だけですので、認知バイアスにかかり

やすいだけ!という事も言えます(;^_^A


ただ、そうは言っても、気を付けて

欲しいのは、この画像の、人、モノ

場所を、実際に皆さまが観ていたと

しましょう!その上で、時間をおいて、

この画像の通りに、答えれる方!?

いらっしゃいますか?(;^_^A


多分、何処かに認知バイアスがかかった

ままの答えを、別の方に伝えているはず!

です。。。


例えば?遠くから、この女性を一瞬見た

だけだとすると?「Red」の持つ代表的な

イメージWordが、先程よりも多くピック

アップされているはずです(*^-^*)


何故なら? リアルでも、オンラインでも

一瞬見ただけでは、目が付きやすく、

印象的なモノを見るのが視覚であり、

また、白よりも、濃色=黒に近い色ほど

視覚の感覚では注視する要素が高いから

です。この画像の中では、Redは、

どちらかというと、黒に近い色になります。


なので、リアルでもオンラインでも、

最初は、どなたでも、認知バイアスに

かかりやすいといいう事です(*^-^*)


ある、有名な実験でも、脳外科の先生が

脳のCT画像の中に、がん細胞があると

言われると、その中にある、合成画像の

いたずら画像を、間違えて観てしまった!

という実験結果があります。(*^-^*)


それと同じように、人は、自身にとって

都合の良いイメージに置き換えたり、

記憶したりする癖があります。また、

もし?あなたが、この女性に、ほのかに

恋心を抱いていて、遠くから見ていたと

しましょう!その女性が、別の男性から

花束をもらって微笑んでいた!としたら?


この「Red」のイメージは?


一般的なイメージそのもの!になっている

可能性!は、大!ですね!(*^-^*)

まとめると?


Redの持つ一般的なイメージ

・熱い (炎)   → 嫉妬の炎

・強い (活動的) → ライバルの強さ

・危険 (興奮)  → 恋敵に奪われる!

・派手 (ケバケバしい)→ 自分以外の人に

              媚を売る服!

・情熱的(愛、嫉妬)  → 嫉妬!


ですね(*^-^*)


そして、そうしたご自身の立場や思い=

認知バイアスを持ったまま、別の人に

伝えたとしたら?


あの人は、「Red」という「派手」で、

「ケバケバしい」、目のやり場に困る

ほどの、「ミニドレス」を着て、男性に

媚を売っていたんだ!(;^_^A と、、、


ご自身の嫉妬心が裏目に出て、好きな

人への伝えれない思いを、屈折した

表現で伝えたとしたら?


Red=派手でケバケバしい女性の色!


という印象がついてしまいますね(;^_^A

また、着用していた洋服が「ミニドレス」?

かどうかは?この画像では分かりません

よね?(;^_^A 


もし、見ていた通りに、ミニだとしても?

どのぐらいのミニドレス?となるはずです。


「目のやり場に困る」は?その男性に

とっては、好きな人が、他の男性と

仲良くしている!そんな、自身にとって

直視できない光景だった?の表現かも?

しれません(;^_^A 実際は?


とても奥ゆかしいクラッシックなドレスで、

丈感も、膝を見せない、素敵なドレスだった

可能性は大!ですから(*^-^*)


なぜ?デザインや?丈感が、この画像で

分かるの?何故?可能性が高いって、

良いきれるの?っと!疑問を持たれた方!

デザイナーになれる資格有り!です!(*^-^*)


その疑問が大事!


そして、その疑問の答えは、色の面積比率の

考え方、捉え方、リアル体験に答えがあります。


先程の画像をもう一度、見てみましょう!

先程の、「口紅」の色は「Red」でしたね

(*^-^*)


そして、それ以外の色で、この画像の中で、

多くの面積比率持っている代表的な色

4色をピックアップしたのが下記画像です。


では、この解説の続きは、次回の

「日常を彩るRedの効果 セカンドステップ編」

にて、お伝えして行きます(*^-^*)


お時間ありましたら、また、

覗いて見てください!(*^-^*)

Re-life/Produce By M☒A☒O

~ 日常の中の彩りと調和 ~ Fashion coordinator/designer ~ 日常の彩りと調和をあなたへ ~ 人にも環境にも優しいFashion/Life style Designを提案。人・モノ・コト創りの本質を探求。

0コメント

  • 1000 / 1000