日常を彩るFashionコーデ(Redの色彩調和 3nd・ステップ)

皆様


たいへーーんご無沙汰しております。

多様なお伝え方法を模索しすぎて、

投稿が遅れ、恐縮です(;^_^A


今回は、どんどんアップテンポにて

進めて行きたいと思います(*^-^*)


少々前回からのおさらいから!


衣料品を購入する際、人は、

どうしても店頭のライティングや、

雰囲気、販売員の方による、

アドバイス(良い助言も有(;^_^A)

によって、ご自身にとって本当に

必要なアイテムなのか?本当に

似合っている色、サイズなのか?

が判らなくなる事があるという

お話しでした。その理由として、


人は、認知バイアス=記憶の誤り

(虚偽記憶)など人間が犯しやすい

問題である。


という事でした。


また、そうした認知バイヤスによって、

もし?皆様が、今後は、賢い洋服選びや、

出来るだけ無駄のないお買い物をしたい!

そう思われるならば、出来るだけ、

ご自宅の中のワードローブを整理収納

アドバイザーさんのお力を借りしてでも、

整理してみて下さい(*^_^*)

というお話しでしたね(*^-^*)


今回は、もう一歩進んで、Fashion

コーデに失敗しずらい、色彩調和の

一つ「トーンオントーン」について、

お話しさせて頂きます。また、その際、

色彩だけでなく、そうした色彩を

使った形状=柄についても、お伝え

してみたいと思います。


その前に、まず、色彩調和にかかせない

「配色」という概念についてお伝えして

みますね。(*^-^*) 


「配色とは」2色以上の色を効果的に

組み合わせる事です。


その際に大切なのが「調和」になります。


また、色々な色彩や調和の理論を学んで

行く場合、色彩検定にも活用される

「PCCS色相環」や「トーンの概念図」

などを使って説明する事もありますが、

ここでは、そこまでの専門的な事を

学ぶ場ではなく、Fashionという

自由な世界=多様な捉え方について

触れ合って頂く場ですので、今回も

「日常の中にある彩り」を題材に

しながら、お伝えして行きます。


もし?本格的に、色彩検定も踏まえ、

学ばれたい方は絶対にお勧めしたい

講師の先生!であり、恩師の先生が

いますので、ご紹介致しますね(*^-^*) 


講義中も笑いあり、実践模型あり!

の盛沢山!(宿題も多いですが(;^_^A)

Fashionの現場でも恩師であった

方なので絶対!お勧めです!(*^-^*)


脱線しましたが、続きを(;^_^A


色彩調和に欠かせない、2色以上を

使った「配色」の中でも、美しい

配色とは?なんだと思われますか?

欧州で、オーソドックスな理論では、

「ごく限られた色を使用した配色」=

「美しい配色」として認知されています。

※自然科学者「ルード」の理論


また、アメリカの色彩学者

「ジャッド」は


・秩序の原理

・なじみの原理

・類似性の原理

・明瞭度の原理


この4つが、人が美しさを感じる

「配色調和」の類型=伝統的文化

として分類される4分類だそうです。


今回は、その中から


・「類似性の原理」

  同系色、同系トーンなど、

  共通性のもつ色同士の調和

  として捉えられている

 「トーンオントーン」について


お伝えしてみたいと思います。


そ・の・ま・え・に!

少し、テストがあります(*^-^*)


下記のテスト画像を観て、

答えてみて下さい!また、

出来るだけ直感で!(*^-^*) 

そして、答えのYes/Noを

各問いごとに、メモしておいて

下さいね!


このテストの後から、

日常を彩るFashionコーデ

(Redの色彩調和4nd・ステップ)

トーンオントーンについて、

詳しくお伝えして行きます(*^-^*)


えーーー!!!今日がコーデ編

じゃないの!?という方!!それが、

Fashionの奥深さ!(*^-^*)


単純に、この色にはこれが!とか?

何系だから何タイプ?という傾向で

お伝え出来るのは、ある程度、

自分軸を持たれた方や、専門の方に

リアルでお聴き出来る時だけの

特権!助言!と思って下さい(*^-^*)


本来、Fashion=衣料品は多くの

方々の手を借りて単純な色彩選び

だけで創作されるものでも、タイプ

別に選別してdesignを起こしている

わけでもありません。


たった1本の糸を染めるだけでも、

素材、糸本数、染色方法、柄だし方法、

配色、色彩調和も踏まえたデザイン、

そうしたデザインを活かしてくれる

生産現場(縫製、加工現場)という

たくさんの方々の力をお借りして

整っていく世界です。

そんな沢山の方々の手を紡ぎ「逢わせ」

ながら届けてきたアイテムが、皆さまの

ワードローブを彩りって行きます。


皆さまのワードロープ内では、

そうした作り手の方々の対価が

正当でないアイテムや、皆さまの

大切にしたい思いを壊す製品もある

かもしれません。ただ、そうした

製品をきちんんと選別しながら、

整えてみたい!と思って頂ける

ようでしたら、ぜひ、そうした

現場の方々でも難しい、色彩調和の

原点を知ってみて下さい。


今後はそうした方々の現場も踏まえた、

designや作品と一緒に、お伝えして

行きたいと思います。また、皆さま

にも、日常の彩りを整えやすい、そんな

学び逢いツールなども提供して行きます。


その際は、楽しいオフラインでの

ゲーム形式でお伝えできれば、なお、

嬉しいです(*^-^*)


その前の、第1歩!のエクササイズとして、

下記のテスト頑張ってみて下さいね(*^-^*)

Re-life/Produce By M☒A☒O

~ 日常の中の彩りと調和 ~ Fashion coordinator/designer ~ 日常の彩りと調和をあなたへ ~ 人にも環境にも優しいFashion/Life style Designを提案。人・モノ・コト創りの本質を探求。

0コメント

  • 1000 / 1000